top of page
  • 執筆者の写真yasuyo

なにかが始まる予感


先日、ヒライスさんでの作品展示「物語る人形たち」が無事に終了しました。ヒライスさんの白い空間に人形たちやセットを並べてみてみると今回は私たちが主役!というような顔をして佇んでいました。


展示がメインだったこともあり、今回は販売点数が少ないのでワークショップをしました。7回21名のご参加いただき、わいわいとお喋りをしながら木彫りを楽しみました。4,5年ぶりのお客様ともお会いできたり、お知り合いを通じてお越しいただいたりと毎日実りのある時間を過ごしました。 今年の9月で工房を開いて10年目になります。小学生だった息子はもう成人しています。家事と子育てをしながら何かしなければと気負っていましたが、今回の展示を通して、これからの私は肩の力を抜いて制作を楽しんだらよいのではと思うようになりました。

期間中、自転車でお店へ向かっていると風や光から歓迎されているような不思議な感覚がありました。それは大きく何かがスタートしていくような明るいイメージです。それが何なのかは今の私にはわかりません。心が躍り心が離れようとしないことにただ直に向き合っていれば自ずと答えがでてくるのかもしれません。





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page