• yasuyo

野に遊び 山を彷徨う


今日から雑貨店カナリヤさんで作品展が始まりました。梨木果歩さんの「家守綺譚」を読んで私の印象に残った場面を切り取るようにして制作をしました。初めて読んだ時に直接鉛筆やボールペンで棒線を引いたりイメージを書き込みます。そしてもう一度本を読み返しながらチェックした中でここを彫りたいなと思ったところをスケッチして彫ります。スケッチは本当にラフです。それよりもイメージがはっきりと湧いていることが何よりも大切です。何となく彫り始めると永遠に何となく進み終わりがありません。彫りたいものがハッキリしていると違和感がなくなるまで彫って完成します。木の中から出てくる感覚です。これを言うと、ほんとうに?と聞かれますが、ほんとうです。

今回作ったのは家守綺譚に出てくる登場人物、妖怪です。全員が揃っているのはもう見れないかもしれないのだなと思うと寂しいので集合写真をとっておきました。なんとも不思議な写真。理屈では説明できない世界があるのなら私は信じたいな。長虫屋と仲良くなりたい。

12月5日までですのでお近くへお越しの際は是非お立ち寄りくださいね。


atelier kirikabu copyright © 2016 atelier kirikabu. All Rights Reserved.