• yasuyo

創作の手

昨日はムスビノツドイさんでのワークショップでした。今回は操り人形を作ってもらいました。ちゃんと乾くか不安でしたが、紙袋の中に形になった紙粘土を入れてドライヤーで乾かすという荒業で時短ができたので皆さん無事に可愛い作品が完成しました。


久々に皆さんと一緒にあれこれといろんな話をしながら制作をして楽しい時間を過ごしました。ハンズさんでのワークショップは定期的にあったので、またハンズさんでお会いできるという安心感が今まではあったのですがコロナ渦になってから、そういう安心感をどこかへ置いてきてしまったことにハッと気づかされました。もしくは今まで気づいていなかった自分にハッとしたのかもしれません。


いつでもここへ来れば変わらずにある安心感というのは実はとても大切なことですよね。それは町のパン屋さんだったり、本屋さんであったり、お友達の家であったり。あるはずのものが無くなることに、静かに諦めながら受け入れていくうちに少しずつ疲れてしまっている私に漸く気が付いたのです。


私は大切な場所だろうか。いつでもあの人は相変わらず机の前でゴソゴソと制作をしているなという安心感になれているだろうか。


ここ最近、小さな変化に翻弄されて創作の手がおぼつかない日々になっていました。昨日のワークショップのおかげで少し目が覚めたような気がします。私は、創作の手助けをさせてもらっているという気持ちでいい気になっていましたが、そうじゃなかった。皆さんに守られていたのだと帰り道歩きながらしみじみと感じるのでした。









32回の閲覧

最新記事

すべて表示

灯台

作家活動を始めた頃からお世話になっている東急ハンズ三宮店さんが今年の12月で閉店することが先日LINEニュースで報じられました。私は、馴染みの喫茶店でお茶をすすっていた時に店主から聞かされて「ふぇ?」というヘンテコな返事で現実のこととして受け止められず、その時は驚くこともできなかったのでした。 街の材料屋はモノづくりをする者にとっては灯台のようなものだと私は思っています。それがたくさんあればある程

atelier kirikabu copyright © 2016 atelier kirikabu. All Rights Reserved.